2009年11月17日

FxCopに学ぶ番外編(2) : 標準の例外コンストラクタを実装します

   このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

メールマガジン「C#プログラミングレッスン」では、今、[FxCopに学ぶ編] を連載中です。
そこで取上げようとしたルールで、下書きまでしたのですが、結局メルマガには書かないことにしたルールがいくつかあります。
そのまま捨ててしまうのはもったいないので、ブログに掲載します。


今回は、例外クラスの書き方のルール

■■独自例外クラスの書き方(1)■■

の問題点はなんでしょうか。

まずは、ある例外が発生した際に、その例外を このMyExceptionにラップしようとしても、それが出来ない点が問題です。


というコードが書けません。


だと、System.ArgumentNullException が発生したという情報を innnerExceptionに設定することができません。


というコンストラクタを定義してやる必要があります。
しかし、これだけではまだ不十分です。それはまた次回に。

■FxCopのルール
CA1032: 標準の例外コンストラクタを実装します

  

Posted by gushwell at 23:37Comments(0)TrackBack(0)