2013年12月21日

WPFでライフゲームを書く

   このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
Webサイト「Gushwell's C# Programming Page」に、「WPF: LifeGame (ライフゲーム)」の記事を掲載しました。

lifegame3

  

Posted by gushwell at 16:35Comments(0)TrackBack(0)

2012年08月12日

3目並べ (Tic tac Toe)のプログラムを公開しました

   このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
久しぶりの書き込みです。

Webサイト:Gushwell's C# Programming Page のC# プログラム小品集のコーナーに、3目並べのプログラムを公開しました。

今回は、再帰処理を使わずに、思考ロジックを書いています。最初想像していたよりも、面倒なコードになってしまいました。

下の画像は、上記ページで動作しているSilverlightアプリのスクリーンショットです。
TicTacToe

思考ロジック部分は、Silverlightに依存しないコードになっています。

C# プログラム小品集 で公開しているプログラムは、これで、66個となりました。  
Posted by gushwell at 11:44Comments(0)TrackBack(0)

2012年02月15日

素因数分解小町

   このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
WebサイトGushwell's C# Programming page に、「素因数分解した結果が小町になる数を求める」を掲載しました。

これは、ある整数 N を素因数分解したときに、因数が1-9をひとつずつ使っている Nを求める、
というものです。いくつかの制約を加えて、C#で解いています。

世の中に小町数マニアのような人がいるのかどうかわかりませんが、小町数に関するこの手の
数学パズル問題はいろいろあります。
このGushwell"s C# Programing Page のプログラム小品集でもこれまでに、この問題も含めて
7つ取り上げています。
こんな面白い小町数問題があるよ、という方がいれば、是非お教えください。

  
Posted by gushwell at 21:14Comments(0)TrackBack(1)

2011年11月13日

パズル Magic Star をC#で解く

   このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
WebSite に、
パズル Magic Star を解く
の記事を新たに追加しました。

MagicStar とは、下の図の12 個ある○に 1 から 12 までの数字をひとつずつ入れていき、
直線上の4個の数字の合計が、すべて 26 になるように、数字を配置するというパズルです。

MagicStar01


これを C# で解いています。
Silverlight で作成しているので、実際に動かして答えを見ることができます。
  
Posted by gushwell at 22:26Comments(0)TrackBack(0)

2011年10月29日

逆ポーランド記法

   このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
Webサイトに2つの記事を載せました。

逆ポーランド記法の計算
http://gushwell.ifdef.jp/etude/rpn.html

数式を逆ポーランド記法に変換する
http://gushwell.ifdef.jp/etude/Exp2Rpn.html


最初のは、逆ポーランド記法を入力し、それを計算するプログラム。
2つ目は、通常の数式を逆ポーランド記法へ変換し、それを最初の
プログラムを使い、計算するプログラムです。

数式から逆ポーランド記法への変換は、BNFを定義し、それをインタープリタ・パターンを
使い、式を解析し、逆ポーランド記法へ変換しています。
  
Posted by gushwell at 15:01Comments(0)TrackBack(0)

2011年10月17日

Blogインデックスを更新

   このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
当ブログの過去の記事のリンク集である「Blogインデックス」 にさらに記事へのリンクを追加しました。

完成までもう少しです。

記事を読み直していると、完全に忘れているものもあり、自分にも有用なリンク集だったりします。
コメントがある記事は、コメントも併せてお読みいただけると、さらに有用な情報が得られたりします。
  
Posted by gushwell at 22:30Comments(0)TrackBack(0)

2011年09月13日

コッホ曲線をSilverlightで作成

   このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
コッホ曲線を描くプログラムをSilverlight で作成しました。
コッホ曲線とは、フラクタル図形の一種で、線分を3等分し、分割した真ん中の線分を底辺とする
正三角形を描く(ただし底辺は消す)ことを無限に繰り返すことによって得られる図形です。


24


実際に動くプログラムと、そのソースコードは、Gushwell's C# Programming Page - コッホ曲線 をご覧ください。


ある直線(線分)から、次の点(正三角形の頂点)を求めるロジックが意外と面倒でした。
角度の変換とか、2点間の長さを求めるとか、Sin, Cos関数を使うとかは 普段のプログラムではやっていないので...

  
Posted by gushwell at 22:49Comments(0)TrackBack(0)

2011年08月22日

パズル:コイン150

   このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
久しぶりに、Gushwell's C# Programming Pageのプログラム小品集のページに、「コイン150」 というプログラムを追加しました。
Silverlightアプリとして作成しています。

問題は以下の通り。
縦6×横6の升目の中に、100円玉6個、50円玉6個を入れてください。
そのとき、縦 6列、横6列、対角線2列の合計14列の、どこも合計が150円になるようにしてく ださい。

解は一つではなく、たくさんあります。その中のいくつかを求めるだけならば、
プログラムを使わなくても、手動で解けるので、興味ある方は自力で解いてみてください。

「コイン150」という名前は、僕が勝手につけたものです。
  
Posted by gushwell at 21:08Comments(0)TrackBack(0)