2018年08月08日

言語処理100本ノックでPython入門 #64(前編) - MacにMongoDBをインストール

  

今日は、言語処理100本ノック 2015の第7章・問題64です。

■ 問題

64. MongoDBの構築
アーティスト情報(artist.json.gz)をデータベースに登録せよ.さらに,次のフィールドでインデックスを作成せよ: name, aliases.name, tags.value, rating.value


■ MongoDBのインストール

まずは、MongoDBをMacにインストールします。
$ brew install mongodb
このコマンドを投入したら、合わせていろんなものがアップデートされました。

ターミナルの表示を眺めてみると
==> Installing mongodb dependency: sqlite
とか
==> Installing mongodb dependency: python@2
とか。

Python@2って、Python2をインストールしたということなんだと思うんだけど、 MongoDBってPython2に依存してるってことなのかな?
よくわかりません。

とりあえず、最後に
==> mongodb
To have launchd start mongodb now and restart at login:
  brew services start mongodb
Or, if you don't want/need a background service you can just run:
  mongod --config /usr/local/etc/mongod.conf

と表示されたので、正常にインストールできたのだと思います。

続けて、
$ mongo --version
でバージョンを見てみます。
MongoDB shell version v4.0.0
git version: 3b07af3d4f471ae89e8186d33bbb1d5259597d51
allocator: system
modules: none
build environment:
    distarch: x86_64
    target_arch: x86_64

■ Pymongoのインストール


続けて、MongoDBをPythonから操作する pymongoをインストールします。
$ conda install pymongo

以下のようなメッセージが出てきたので、yを押して、更新します。
The following packages will be UPDATED:

    conda:   4.5.8-py36_0         --> 4.5.9-py36_0
    openssl: 1.0.2o-h26aff7b_0    --> 1.0.2o-h1de35cc_1

Proceed ([y]/n)? y

まあ、これは、pymongoとは直接の関係はないですね。

■ MongoDBの起動

以下のコマンドでMongoDBを起動します。
mongod --config /usr/local/etc/mongod.conf

■ MongoDBの終了
$ mongo
で、MongoDBのCLIを起動します。

続けて、
> use admin

で管理者権限に移動します。

そして、以下のコマンドでMongoDBを終了させます。
> db.shutdownServer()

exit コマンドでCLIを終了します。
> exit


macOSでMongoDBを使うを参考にさせていただきました。
っていうか、ほとんどそのままです(^^;;

今日はここまで、実際の問題は後日チャレンジします。