2014年09月23日

メールマガジン休刊のお知らせ

   このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
メールマガジン『C#プログラミングレッスン』をご購読の皆様へ

メールマガジンのほうでもお知らせいたしましますが、当ブログでもお知らせいたします。

以下、メールマガジンとほぼ同じ内容です。
 
--------------------------------------------------------------------------------------

いつも メールマガジン『C#プログラミングレッスン』をご愛読いただきましてあり
がとうございます。
2004年 8月18日に第1号を発行して以来、10年間、当メールマガジンを発行してまい
りましたが、2014年9月30日発行予定の第408号を持ちまして、いったん休刊とさせ
ていただき、ひとつの区切りをつけようとと思います。

長い間本当にありがとうございました。

10年前は、C#の情報もそれほど多くはありませんでした。

そのため、当メールマガジンの存在意義もそれなりにあったと思いますが、今は多
くの良質なC#の情報がWEBにあふれています。
初心者に分かりやすいC#の情報を発信するという当メールマガジンの役割は終えた
かなと考えています。

10年間モチベーションを保ち続けるというのはなかなか大変ではありましたが、皆
様からいただいた励ましや感謝の言葉が、継続する大きなエネルギーとなりました。

いつまで続けるかなんて考えずに始めたメールマガジンでしたので、まさかこん
なにも長く続けられるとは想像もしていませんでした。我ながら、よく頑張ったな
ーと思います。


個々の記事を読み返すと、説明不足な点も多々ありますが、全体で見れば満足でき
るものになったと思っています。

このメールマガジンがきっかけで、Microsoft MVP for Visual C# を10年連続で
受賞することができました。
本を出版することも出来ました。今は自分で自分を褒めてあげたい気持ちです。
十分にやりきったという想いです。

なにより、私自身が成長することができました。読者の皆さんに、感謝感謝です。

最後に読者の皆様にお願いがあります。
当メールマガジンに対する感想や思い出、あるいはどういった点で役に立ったのか、
どんな風に活用したのかなどをお聞かせ願えないでしょうか。
10年間継続したことの意味・意義を皆さんの声を聞いて再検証したいのです。

できましたら、こちらのページからメッセージをお寄せいただけると嬉しいです。

あるいは、このブログ記事のコメントに書き込んでくださっても結構です。

それでは、みなさん、これからも C# Life を楽しんでください。


PS.
拙著『C#プログラミング入門(工学社)』もよろしくお願いします(^^;
C#プログラミングについて丁寧にかつ簡潔に解説している自信作です。




 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/gushwell/52388092