2014年04月10日

どう書く?.org に感謝を込めて

   このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

一時期活発に投稿がなされていた「どう書く?.org(*)」ですが、そのブームも下火となり、

サイトもGitHubへ移行中とかで現在は閲覧できなくなっているようです。

(*) 出されたお題について、参加者がさまざまな言語で解いたプログラムコードを投稿し合い
  みんなで共有するというサイト。お題自体も参加者が自由に掲載できました。

残念ながら、そのGitHubへの移行も進んでいないようです。

僕は投稿自体は数問程度しかしなかったのですが、解いた問題は結構な数に上ります。もちろん、使用したプログラミング言語はC#です。
ハードディスクの肥やしにしておいてもしかたがないので、そのコードを順次アップしてくことで、
今は無き(?)「どう書く?org」に敬意と感謝を表したいと思います。
そして、これが皆さんのC#プログラミングのヒントになればと思います。

なんで今更「どう書く?org」なのというのは有りますが、ここに書く話題がなかなか見つからないというのも、その理由のひとつではあります(^^;; 


メルマガ「C#プログラミングレッスン」のどう書く?org編で紹介した問題もコードを再度見直してここにアップするつもりです。
気が向いたら、C#4.0, C#5.0の機能を使ったコードに書き直してアップすることもあるかもしれませんが、基本は、C#3.0で動作するコードです。
掲載順序はできるだけ易しい問題からとは思ってますが、そのときの気分次第かな(^^。

コードのすべては、Visual Studio  2013 で動作確認するつもりです。
とはいえ、間違っているコードもあるかもしれません。もし気が付かれた方はコメントで指摘していただけると嬉しいです。

なお、一部のソースでは、Interactive Extensions Main Library を利用しています。
Interactive Extensions Main Libraryは、Visual Studioの[ツール] - [ライブラリパッケージマネージャー] - [ソリューションの NuGetパッケージ管理...] で Ix_Main で検索して、インストールできます。
Interactive Extensions(Ix)については、こちらを参照してください。

出題者の方の名前がわかるものについては、名前(ハンドルネーム)を記すこととします。



 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/gushwell/52366464