2013年06月02日

WPFサンプル:RoutedCommandでカスタムコマンドを実装する

   このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ICoomandの実装サンプルを載せましたが、今度はRoutedCommandを使った例です。
まずは、実行例を。

RoutedCommand1
RoutedCommand2
RoutedCommand3


MainWindowクラスに、HelloExecuted、GoodEveningExecuted、CanExecuteメソッドを実装します。
前回とやっていることはほぼ同じです。
HelloExecuted、GoodEveningExecutedはボタンが押されたときに呼び出されるメソッドです。
このサンプルでは、2つのボタンを用意し、別の動作をさせたかったので、このようにしています。
この3つのメソッドでは、可能な限り引数で渡された値を参照し処理を書くようにします。
MainWindowのフィールドプロパティは参照しないようにすることで、メソッドの独立性を高めるようにします。


XAMLで定義したメソッドをボタンと結び付けるのですが、間にRoutedComamndという仲介用のオブジェクトを使うことになります。
XAMLを示します。


ICommandの時のように、別クラスを定義しそこにHelloExecuted、GoodEveningExecuted、CanExecuteを実装したかったのですが、そのやり方がわかりませんでした。
そうしたいのならば、ICommandを実装せよ、ということですかね。


 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/gushwell/52322290