2013年05月28日

WPFサンプル:ICommand インターフーイスを実装してカスタムコマンドを作成する

   このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
前回は、標準のコマンドを使う例をお見せしましたが、ICommandインターフェースを実装すれば独自のコマンドクラスを作成することができます。ICommandインターフェースには、ExecuteとCanExecuteの2つのメソッドと、CanExecuteChangedイベントが定義されています。

ここでは、MessageBoxを表示するだけの簡単なコマンドを作成してみます。


このMyCommandを使ったXAMLを示します。


Commandプロパティには、Window.Resourcesで定義したMyCommandをバインドし、CommandParameterには、TextBoxで入力されたTextプロパティをバインドしています。
ボタンが押されると、MyCommandのExecuteメソッドが呼ばれます。
引数には、textBox1.Textの値が渡ってきます。
MainWindow.Xaml.csにはコードを追加する必要はありません。

実行結果です。
TextBoxに何らかの文字列が入力されているときだけ、ボタンが有効になっているのが確認できます。

ICommand1 Icommand2 ICommand3


 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/gushwell/52321430