2013年04月21日

WPFサンプル:Opacityプロパティで背景が透けてみえるようにする

   このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
Opacityプロパティのサンプルです。
Opacityは、不透明度(日本語として違和感があるけど)を表します。
既に、ImageBrushやDropShadowEffectのサンプルでもOpacityプロパティを使っていますが、 今回は、UIElementのOpacityプロパティのサンプルとなります。

Opacity1
Opacity2
Opacity3

ここでは、TextBlock, Button, RectangleのOpacityの値を変化させています。
Opacityの既定値は、1.0で、完全に不透明となっています。
0に近づくにつれ、透明になっていきます。

以下、XAMLです。




 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/gushwell/52315537