2013年01月29日

WPFサンプル:単一データ(単一オブジェクト)のバインディング(2)

   このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
WPFサンプル:単一データのバインディング」で、単一オブジェクトをバインドする例を掲載しましたが、
もうひとつ例を載せます。
今回は、モデルとなるクラスにINotifyPropertyChangedインターフェースを実装し、
オブジェクトに体する変更がGUI側に反映されるようにしています。
INotifyPropertyChanged を実装する例は、こちらにも載せましたので重複している部分も
ありますが、ご容赦を。

以下のスクリーンショットに示すような簡単なプログラムを考えてみます。
ボタンを押すと、挨拶文が表示されるのですが、Friendryかどうかで、表示する挨拶文が変化します。

WPFObjectBinding1
WPFObjectBinding2

まずは、Greetingクラスです。前回示したINotifyPropertyChangedを実装しています。
Greetメソッドは、NotifyPropertyChanged で、Messageの変更を通知し、実際の挨拶文(Message)は、
Messageプロパティの getterで組み立てています。


では、XAMLを示します。


最後に、MainWindowクラスです。
ボタンクリックで、DataContextに設定されたGreetingオブジェクトのGreetメソッドを
呼び出しているだけです。
これにより、Messageの変更が通知され、Messageプロパティがバインドされている
TextBlockの表示が変更されます。




 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/gushwell/52301656