2012年10月28日

WPFサンプル:ViewBox

   このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ViewBoxは、子要素をViewBoxのサイズに合わせて伸縮させることができます。
以下のサンプルプログラムの実行例です。

WPFViewBox1

WPFViewBox2

WPFViewBox3

このサンプルでは、WindowsをGridで上下2つに分割し、Splitterでサイズを変更できるように
しています。下の領域にViewBoxを配置し、コントロールを配置します。なお、ViewBoxの
子要素は一つだけなので、StackPanelを子要素とし、その中に複数のコントロールを配置
しています。

実際に拡縮されたコントロールが動作するか確認できるように、Button のクリックイベント時の コードを書いています。

Windowsの子要素として、ViewBoxを配置すれば、ウィンドウサイズに追随してコントロールのサイズを調整する動作が簡単に実現できます。





 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/gushwell/52283896