2012年09月09日

WPFサンプル:Canvas

   このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
いくつかのコントロールを使ってみたので、今度は、コントロールの配置を担当するパネルについて。
まずは、Canvas。
WPFでは、一番使わないと思われるもの。WindowsFormsと同様に、座標を指定して配置ができる。

WPFCanvas

Canvas.Left="79" Canvas.Top="62"

といった記述で座標を指定する。

この例では、右下のボタンをクリックすると、Rectangleの位置を移動するコードをC#で書いています。




 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/gushwell/52275136