2012年04月04日

Interactive Extensions(Ix) - Maxメソッド、Minメソッド

   このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
EnumerableEx.Max拡張メソッドは、IComparer<T> を受け取る Maxメソッドのオーバーロードです。


IComparer<T> を実装したクラスを定義し、オブジェクトの大きさを判断し、その最大値を返します。

こんなコードを書いてみました。
あまり良い例ではありませんが、ご容赦を。

まずは、IComparer を実装した比較クラスを定義します。
ここでは、DateTimeの日にちで、大小を判断しています。


これを使った、Maxメソッドのコードです。


実行すると、


が出力されます。

すでに、IComparer<T> を実装してるプログラムの場合には、このMaxは使えますね。


Min拡張メソッドもあります。
使い方は同じです。


を実行すれば、


が出力されます。



 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/gushwell/52236789