2012年02月10日

禁則文字?

   このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
とある所で、「ファイル名の禁則文字」というのを目にした。
気になってしかたがない。
「ファイル名に使用できない文字」とかにするべきです。

ちなみに、禁則文字とは、複数行にまたがる文章を書く際に、
行頭、行末には来ていけない文字のことで、
行頭禁則文字と、行末禁則文字があります。




この記事へのコメント
禁則は、「物事の禁止事項を定めた規則」
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/59434/m0u/
だから、あながち間違ってはいないと思います。

gushwellさんが言うのは、禁則処理のことですね。
Posted by BLUEPIXY at 2012年02月11日 01:02
確かに辞書にはそう書いてありますね。
ただ一般的に、「禁則文字」となると、それは禁則処理の文字を指す用語だと思います。
どうなんでしょう? でもこんなページもあるから、間違いじゃないのかも。
http://www.moj.go.jp/MINJI/minji67-01.html
Posted by Gushwell at 2012年02月11日 09:19
辞書に書いてあるのが“一般的”なのでは?
コンピュータ関連業界だと禁則処理の禁則文字が一般的だとは思いますけど。
Posted by BLUEPIXY at 2012年02月11日 17:10
禁則の意味は辞書の通りだと思うし、これを否定するつもりは全くないです。
ただ、そこに、ある単語(ここでは"文字")が付加されると、意味が限定され、
特定の事象を意味するようになることがあるのではという気がします。
他の良い例が思い浮かばないので、僕の勝手な思い込みの可能性が大ですが。
「べき」というのは言い過ぎだったかもしれません。

Posted by Gushwell at 2012年02月11日 18:21
 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/gushwell/52228727