2011年01月18日

LINQ to SQL番外編 - ADO.NETとの相互運用

   このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ADO.NETの接続型アクセスを使った以下のようなコードがあったとします。

ここにLINQのコードを追加することができます。
DataContextを作成する際に、既存の接続を指定するだけです。
Connectionプロパティを使用して、接続を明示的に閉じることもできます。


 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/gushwell/52112109