2010年11月14日

LINQ to SQL 番外編 - DataContextのスコープ

   このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
DataContextのインスタンス生成にはそれほどコストはかかりませんので、
論理的な処理単位に対して生成、破棄をすることになります。
通常は、メソッドのスコープで生成、破棄することが多いかと思います。

この一連の記事(メルマガとこの番外編の記事)では、
以下のようにその都度NorthwindDataContextを生成するようになっています。
これは、コードをコピー&ペーストした際に、そのまま動くよう配慮したということもありますが、
実際のコードにおいても、小さな処理単位で、DataContext を使うことが多いと予想されるから
という意味もあります。


 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/gushwell/52089567