2010年09月02日

Mgmtclassgen.exe で生成した Sserviceクラスに手を加える

   このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
先月に紹介したMgmtclassgen.exe で生成した Sserviceクラスは、一通りの機能が 揃っているので、とても便利なのですが、
Change と Create メソッドは、引数が多すぎるのが難点ですね。


自動生成されたメソッドなのでしかたないですね。
この Sserviceクラスは単なるC#のクラスなわけですから、 このソースに手を加えても問題ありません。
使いにくかったら、使いやすくしてしまえばいい訳で、 引数の少ない Change, Createメソッドをオーバーロードすることができます。
あたりまえですね。

例えば、Createならば、こんな感じ。


Nmae には、サービス名
PathName には、実行ファイルのパス名
StartMode には、"Manual", "Automatic" とかを指定します。

C#4.0だったら、引数の省略機能を使う別のアプローチもできますね、


ところで、自動生成する引数の変数名がPascal形式なのは困ります...
MSのツールなんだから、MSの推奨である Camel形式に合わせて欲しいですね。



 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/gushwell/52052236