2010年02月07日

ナノピコ教室のプログラムをSilverlightアプリへ (2)

  
1月10日に、「ナノピコ教室のプログラムをSilverlightアプリへ」というエントリで、以前書いた「オセロ最短詰め」「数独を解く」「梅花碁」「8クイーンゲーム」「面積最大の領域」などのプログラムを Silverlightアプリに移植するのに、盤データを扱う共通のクラスを作成するつもり、と書きましたが、昨日、今日はまとまった時間が取れたので、なんとか形になりました。

Boardクラスと、BoardCanvasという2つのクラスが中心となるクラスです。
Boardクラスは、盤データを扱うモデルクラス。
BoardCanvasクラスは、描画を担当するビュークラス。

このクラスの動作を確認するのに簡単なプログラムを書いたのがこれ。
ボード上をクリックすると、黒石→白石→消去を繰り返します。


Boardクラスと、BoardCanvasのソースコードはこちらに掲載しています。
デモプログラムのソースコードは、こちらです。

描画は、カスタムコントロールで、Boardオブジェクトとバインドできれば良かったのですが、まだSilverlightの知識が足りないので、通常のクラスとして、BoardCanvasクラスを作成しています。

ここまで出来れば、各プログラムのSilverlightへの移植は、それほど難しくないかなーと思ってます。


 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/gushwell/51969852