2009年12月19日

SilverlightのWriteableBitmap クラス

  
例えば、Silverlightで、点を描画したい場合、どうやってやるのだろうか?
まさかRectangleを使うということは無いよな。
ということで調べたら、WriteableBitmap クラスというものがあった。
でも、このクラスには、GetPixel とか SetPixel とかが無い。
Pixelsプロパティがあるので、これを使うみたいだ。
でも、これって1次元配列だし、int型じゃないですか。
面倒くさいですね。
ということで以下が作成した2次元ランダムウォークのプログラムです。



ソースコードはこちらに掲載しています。


 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/gushwell/51944471