2009年12月03日

FxCopに学ぶ番外編(7) : Dispose メソッドから基本クラスの破棄を呼び出します

  

メールマガジン「C#プログラミングレッスン」では、今、[FxCopに学ぶ編] を連載中です。
そこで取上げようとしたルールで、下書きまでしたのですが、結局メルマガには書かないことにしたルールがいくつかあります。
そのまま捨ててしまうのはもったいないので、ブログに掲載します。


■IDisposableの実装(3)■

「CA2215:Dispose メソッドから基本クラスの破棄を呼び出します」
というルールがあるのですが、どのようなコードを書いたらこの FxCopの警告が出るのが試したのですが、警告を出すことができません でした。

ということで、いきなりですが、Disposeパターンを実装したクラスを継承する場合の正しいコードを掲載します。
もちろん、DelivedTypeの中で、破棄すべきフィールドを保持していた場合の コードになります。


Disposeパターンを実装したクラスを継承する場合は、 publicな、Disposeメソッドは 継承元で定義済みですので、改めてここで記述する必要はありません。
上記のように、引数ありのDisposeメソッドをoverrideするだけです。
このメソッドの中で継承元の Dispose(disposing) メソッドを忘れずに呼ぶようにします。

■FxCopのルール
CA2215:Dispose メソッドから基本クラスの破棄を呼び出します



 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/gushwell/51937020