2009年08月02日

BackgroundWorkerのサンプルコード(2)  

   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
BackgroundWorkerのサンプルコード(1)

今度は、処理の進行状況をプログレスバーで表示する例です。
途中で、処理をキャンセルする例にもなっています。

Form1のボタンをクリックすると、Form2が開き、処理を開始します。
処理の進行状況は、プログレスバーで表示され、処理が終わると 自動的にForm2が閉じるというものです。
Form2には、キャンセルボタンが配置されていて、キャンセルボタンを押すと 処理を中止します。






 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/gushwell/51868069