2009年05月14日

逐語的リテラル文字列の中でダブルクォーテーション

   このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
C#だと、正規表現のパターン文字列を書くのに、逐語的リテラル文字列(@付き文字列)だと便利な場合があるんだけど、このパターンの中で、ダブルクォーテーション文字を入れようと、


と書いたらエラーになった。
※ 正規表現をかなり単純化したので、@を使うまでも無い例になってしまいました。

この場合、\(バックスラッシュ)はエスケープ文字ではないので、当たり前だけど、 どうやって書いたらよいのか悩んでしまった。

と書けばOKでした。


 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/gushwell/51816450