2008年12月08日

コンソールアプリの終了に異常に時間がかかる

  
コンソールアプリの終了に異常に時間がかかるようになってしまった。
Visual Studio 2008から起動したときが特に遅いように感じる。
PCを再起動しても、現象は変わらないし、原因が全くわからない。
そのため、数日前の状態にシステムを復元することにした。

備忘のため、復元後に行ったことを以下に記す。

1. コンソールアプリをエクスプローラから起動してみる。
起動や終了でもたつく様な問題はない。

2. Visual Studio 2008を起動
Microsoft Visual Studioは最初の仕様のために環境を構築中です。数分間お待ちください。
のダイアログが出て、数分間後にVisual Studio 2008が起動。
なぜ、このダイアログが出たのか不明。

3. 再度、コンソールアプリをエクスプローラから起動してみる。
起動や終了でもたつく様な問題はない。

4. 確認用に作成していたソリューションを Visual Studioで開く。

5. Ctrl+F5で実行。
コンソールアプリが、なかなか終わらないという問題はない。

6. F5で実行。
問題ない。
Visual Studio 2008が操作ができるようになるまで、若干間があくけど、
これは、もともとそうだっから、今回の問題とは関係ないだろう。

ということで、結果的にはシステムの復元で問題が解決したことになる。
Windows Updateで更新された何かが悪かったのだろうか?
それとも、
KB957507の『FIX:-英語版以外の Microsoft Visual Studio 2008 Service Pack 1 をインストールした後一部ローカライズ IntelliSense のテキストが英語に戻る』
の修正パッチが悪かったのだろうか?
Webで検索しても、そのような記述は見つからなかった。
とりあえず、このまま様子見とする。


 

この記事へのトラックバックURL