2008年02月14日

LINQ to SQL:エンティティクラスのDelete, Insert, Updateプロパティ

  
Visual Studio 2008のLINQ to SQLのO/Rデザイナー上に表示されるエンティティクラスには、Delete, Insert, Updateというプロパティがあるのですが、グレーアウトされている場合と、されていない場合があります。
この違いはいったい何なのだろう?
馬鹿な僕はこれが分からず、かなり長い間悩みました。

分かってみれば何のことはなかったです。
これらのプロパティには、ストアドプロシージャに対応するメソッドを指定するので、O/Rデザイナー画面に、ストアドプロシージャが登録されていれば、グレーアウトが解除されます。

つい最近、SQL Server 2005 Express Edition with Advanced Services SP2をインストールしたので、SQL Server 側に問題があるのかと思ってしまい、まったく関係ないところを一生懸命調べていたのでした (T T);



 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/gushwell/51402479