2007年10月09日

項目テンプレートのバグ

  
独自の項目テンプレート(ZIPファイル)を作成し、これを、

My Documents\Visual Studio 2005\Templates\ProjectTemplates\ItemTemplates\Visual C#

のフォルダ下にサブカテゴリ用に独自のフォルダを作成し配置します。

このやり方は、MSDNに載っているやり方なのですが、こうすると、

ソリューションエクスプローラのコンテキストメニューで、「クラスの追加」を選択しても、独自のサブカテゴリが開いた状態になってしまい、クラスアイコンが選択状態になりません。
「フォームの追加」なども同様です。

いちいち、上位フォルダに戻って、「クラス」を選択しなおさなくてはなりません。

これは、Visual Studio 2005 のバグです。

この回避方法は、独自フォルダの中に、よく利用する標準の項目テンプレートZIPファイルをコピーすればよいのですが、あまり良い方法ではありません。

修正予定もないそうです。

でも、次期製品である Visual Studio 2008 では、このバグは直っているようです。ベータ版で確認しました。



 

この記事へのトラックバックURL