2007年09月12日

C#3.0:匿名クラス

   このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
その名の通り、名前のないクラスです。
匿名クラスを作るコードは、以下のようになります。

var obj = new { Name = "Gushwell", Id = 123 };

当然、Name, Id にアクセスできます。

Console.WriteLine(obj.Name);
Console.WriteLine(obj.Id);

また、以下の obj, obj2 は、同じクラスとみなされます。

var obj = new { Name = "Gushwell", Id = 123 };
var obj2 = new { Name = "Adam", Id = 456 };
if ( obj.GetType() == obj2.GetType() )
Console.WriteLine("Same Type");

名前がないため、他のメソッドに引き渡すなどの用途には向いていません。


 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/gushwell/51115717