2007年05月09日

アクティブなアイテムをソリューション エクスプローラで選択された状態にする

  
Visual Studio 2005のいソリューションに複数のプロジェクトがあり、そのプロジェクトに大量のソースがある場合など、検索機能をよく利用しますが、検索されたソースが、どのプロジェクトに属しているソースファイルなのかが分からず、困ることが時々あります。

これを解決するには、

Visual Studio 2005の「ツール」メニューの「オプション...」を選択し、オプションダイアログを表示し、「プロジェクトおよびソリューション」ー「全般」の設定ページで、

「アクティブなアイテムをソリューション エクスプローラで選択された状態にする(&C)」

をチェックすると、現在、編集しているファイルに対応したソリューションエクスプローラのアイテムが選択された状態になります。
数日前からこの設定にしていますが、なかなか快適です。


 

この記事へのトラックバックURL