2007年03月19日

EBCDIC用の Encoding

   このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ASCIIコードをEBCDICコードに変換する必要があり、.NET Framework の Encodingクラスを調べていたら、なんだ、ちゃんと EBCDIC用の Encoder が用意されているではないですか。
良かった。

と思ったのはつかの間、IBM500, IBM037, IBM290 などたくさんのEncodingがあって、どれを使えばよいかわかりません。ためしに、以下のように、IBM500 と IBM290 を使ってみました。

byte[] buf = Encoding.GetEncoding("IBM290").GetBytes(str);

結果を比較したら、やっぱり値が違ってました。

IBM290は、「IBM EBCDIC (日本語カタカナ) 用」とのことですが、通常の EBCDIC の $ に位置に、\ が定義されてるみたい。
そのほか、~ コードも位置がずれています。$ と \ は、ある意味、とても論理的だと思うのですが、実際には、$は$と変換してほしいので、この変換は使えませんね。

うーーん、英数記号については、EBCDICは、共通だと思っていましたが、違うんですね。やはり、対象となる EBCDICが何なのかを調べるのが先みたいです。


 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/gushwell/50732666