2005年10月30日

スパコン『ブルー・ジーン』、毎秒280兆回

   このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
IBMのスーパーコンピュータ『ブルー・ジーン』の演算能力を毎秒280兆6000億回になったそうです。この速さ想像つきませんね。
日本の「地球シミュレータ(NEC製)」は、35兆8600億回だそうなので、随分と差がつけられてしまいました。
再び、日本製のコンピュータが一位になるのはいつなんでしょう。頑張れニッポン!
頑張れ NEC


 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/gushwell/50167218