2005年09月15日

アセンブリのリダイレクト

  
構築時とは別のバージョンのアセンブリをロードさせたいときには、アセンブリのリダイレクト機能を使うことになりますが、この動作を確認しようと、以下のようなconfigファイルを書いたのですが、なぜかうまく動いてくれませんでした。
<?xml version="1.0" encoding="utf-8" ?>
<configuration>
<runtime>
<assemblyBinding xmlns="urn:schemas-microsoft-com:asm.v1">
<probing privatePath="bin"/>
<dependentAssembly>
<assemblyIdentity name="MyLibrary"
publicKeyToken="xxxxxxxxxxxxxxxx"
culture="neutral" />
<bindingRedirect oldVersion="1.0.*.*"
newVersion="2.0.1.1"/>
</dependentAssembly>
</assemblyBinding>
</runtime>
</configuration>

bindingRedirectタグのoldVersionの書き方がまずかったようです。
本当は、
<bindingRedirect oldVersion="1.0.0.0"
newVersion="2.0.1.1"/>

のように書かないとダメみたいです。これに気が付かず、永遠と悩んでいました。
それと、
oldVersion="1.0.0.0-1.999.999.999"
のようにバージョンの範囲を指定する書き方もあるようです。


 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/gushwell/50079025