2005年06月18日

CodeDOM

   このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
MD3で、CodeDOMの話を聞いてきました。初めての僕でも分るくらい基本的な内容で、丁度僕のレベルにあっていました。その他色々なセッションがありましたが、僕にとっては、これが一番の収穫かな。
MSDNライブラリから抜粋
.NET Framework には、CodeDOM (Code Document Object Model) と呼ばれる機構が用意されています。CodeDOM を使用すると、ソース コードを出力するプログラムの開発者は、レンダリング対象となるコードを表す単一のモデルに基づいて、実行時に複数のプログラミング言語でソース コードを生成するプログラムを開発できます。
要は、プログラムからC#やVBのソースコードを生成できる機能ですね。DOMという名前の示すように、XMLのDOMのように、Tree構造を操作することで、構文Treeを組み立て、ソースコードは、そのドキュメントのViewという位置づけですね。
ただ、残念なのは、MSからC#のパーサーが提供されていないことですね。

http://sourceforge.net/projects/cscodedomparser/
にOpenSourceのものがあるみたいなので、時間があれば調べてみたいと思います。


 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/gushwell/25646682