2012年11月29日

WPFサンプル:FlowDocumentReader

   このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
FlowDocumentReaderは、FlowDocumentReaderとFlowDocumentScrollViewerの機能を併せ持った ようなコントロールです。
ページモード、スクロールモード、2ページモードの3種類の表示モードを切り替える
ことができます。

WPFFlowDocumentReader1

WPFFlowDocumentReader3

WPFFlowDocumentReader2




  

Posted by gushwell at 23:00Comments(0)TrackBack(0)

2012年11月27日

WPFサンプル:FlowDocumentPageViewer

   このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
FlowDocumentPageViewerのサンプルです。

前回示したFlowDocumentScrollViewerは、スクロール モードしながらコンテンツを閲覧できましたが、
このFlowDocumentPageViewerコントロールは、ページ単位でコンテンツを閲覧することが
できます。

WPFFlowDocumentPageViewer1

WPFFlowDocumentPageViewer2

WPFFlowDocumentPageViewer3




  
Posted by gushwell at 22:30Comments(0)TrackBack(0)

2012年11月22日

WPFサンプル:FlowDocumentScrollViewer

   このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
FlowDocumentScrollViewerは、スクロール モードでフロー コンテンツを表示するためのコントロールです。


WPFFlowDocumentScrollViewer1

WPFFlowDocumentScrollViewer2

以下に示すようにほんのわずかなコードで、上記のようなViewerが出来てしまいます。

  
Posted by gushwell at 22:00Comments(0)TrackBack(0)

2012年11月21日

Webパフォーマンステストで「リモート名を解決できませんでした」のエラーの対処

   このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
Visual Studio の Web パフォーマンス テストレコーダーで記録したテストを実行すると、

”要求に失敗しました: リモート名を解決できませんでした。”

とエラーになってしまう。

ファイアウォールの外にある Web サイトをテストしている場合、
Web テスト の [プロパティ] ウィンドウで [プロキシ] プロパティを選択し、
プロキシ名を入力する必要があるんですね。
なお、「default」と入力すれば、Internet Explorer のプロキシ設定を利用するようになります。

  
Posted by gushwell at 22:30Comments(0)TrackBack(0)

2012年11月20日

WPFサンプル:DocumentViewer

   このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
DocumentViewerを使うと、XpsDocument を表示するビューワを簡単に作成できます。

WPFDocViewer2

WPFDocViewer1

以下に、XAMLとコードを示しますが、たったこれだけの記述で、上記プログラムが、実現ができます。



  
Posted by gushwell at 23:00Comments(0)TrackBack(0)

2012年11月18日

WPFサンプル:ProgressBar (Taskクラス使用によるバックグラウンド処理)

   このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
BackgroundWorkerを使ったProgressBarのサンプルを約半月前に載せましたが、
今度は、.NET Framework4から提供されている Taskクラスを使ったサンプルコードです。

WPFProgressBar2-1

WPFProgressbar2-2

サンプルプログラムなので、2種類のProgressBarを配置しています。

Task.Factory.StartNewメソドでバックグラウンドで処理を走らせ、ContinueWithメソッドで
終了した時と、キャンセルされた時の処理を記述しています。
なお、処理をキャンセルするには、CancellationTokenSourceクラスを利用する必要があります。

ProgressBarの表示を更新するために、バックグラウンドで動作している MyActionメソッドでも
Taskクラスを利用しています。Taskクラスの使い方を示すために、あえて、先ほどとは別の書き方
にしています。
アプリケーションのUIスレッドでTaskを動作させるために、TaskScheduler.FromCurrentSynchronizationContext()で
取得した値を、Task.Startメソッドに渡しています。




  
Posted by gushwell at 23:06Comments(2)TrackBack(0)

2012年11月14日

WPFサンプル:ShowメソッドとShowDaialogメソッド

   このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ShowメソッドとShowDialogメソッドのサンプルです。
スクリーンショットではその違いが分かりませんが、この2つのメソッドは、
いわゆるモードレスとモーダルの違いがあります。

なお、メインウィンドウを閉じようとした時には、Closingイベントハンドラで、
ダイアログを表示し、終了有無を確認するようにしてみました。
このハンドラの中で、引数 System.ComponentModel.CancelEventArgs e の、
Cancelプロパティをtrueにすることで、ウィンドウを閉じることをキャンセル
することができます。

WPFDialog1
WPFDialog2
WPFDialog3

WPFDialog4

まずは、MainWindowのXAMLとC#のコードです。




次にShowメソッドで表示されるSubWindowのXAMLとC#のコードです。




最後はShowDialogメソッドで表示されるDialogWindowのXAMLとC#のコードです。



  
Posted by gushwell at 22:00Comments(0)TrackBack(0)

2012年11月12日

WPFサンプル:Ellipse と Rectangle

   このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
Ellipse (楕円)とRectangle(長方形)のサンプルです。
Opacityプロパティで、不透明度を指定しています。
0.0(完全に透明)〜 1.0(完全に不透明)の値を設定します。

WPFEllipseRectangle1

WPFEllipseRectangle2

このサンプルでは、右上の水色の楕円をクリックすると、Rectangleが動的に
生成されるようになっています。
他のコントロールについても動的に生成する場合は、 ここに示したコードが基本となります。


  
Posted by gushwell at 22:44Comments(0)TrackBack(0)