2012年09月30日

WPFサンプル:Image

   このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
Imageコントロールのサンプルです。

WPFImage


Stretchプロパティで、表示枠の中にどう伸縮して表示するかを指定します。
ここでは、Uniform と Fill を指定しています。Stretch構造体の値は、以下のURIを見てください。
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/system.windows.media.stretch.aspx

画像ファイルは、プロジェクトに、Imagesフォルダを作成しそこに追加します。
ビルドアクションは、規定値のResourceです。

  

Posted by gushwell at 23:13Comments(0)TrackBack(0)

2012年09月27日

WPFサンプル:GridSplitter

   このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
GridSplitterを使うと、Gridの各RowとColumnのサイズを実行時にユーザーが変更できるようになります。
ShowsPreviewの値で、マウスで境界線をドラッグしている時の見た目が変わります。

GridSplitter1

GridSplitter2



  
Posted by gushwell at 23:08Comments(0)TrackBack(0)

2012年09月25日

WPFサンプル:Margin, Padding, HorizontalAlignment, VerticalAlignment

   このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
Gridで4つに分割し、そこにTextBoxを配置しました。
その際に、 Margin、 Padding、HorizontalAlignment、VerticalAlignmentを使い
それぞれの配置を変化させています。

WPFMarginPaddingAlignment

このサンプルを見れば、Margin、 Padding、HorizontalAlignment、VerticalAlignmentの
使い方が分かると思います。

なお、同じ文字列を複数回利用するので、文字列をResourcesに定義し、Textプロパティで 参照しています。

  
Posted by gushwell at 22:30Comments(0)TrackBack(0)

2012年09月23日

WPFサンプル:Grid (2)

   このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
Gridのサンプルです。 横に4分割しています。3つのRowDefinitionの HeightプロパティウィAutoにしています。
これで、高さが自動調節され、必要最小限の高さになります。
1つを * とすることで、残りをすべて占めることになります。
単純なレイアウトならば、DockPanelを使わなくてもGridだけでそれなりにUI要素を レイアウトすることができます。

WPFGrid2

  
Posted by gushwell at 23:00Comments(0)TrackBack(0)

2012年09月20日

WPFサンプル:Border

   このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
Borderは、別の要素の周囲に境界線を描画することができます。また、背景も指定することができます。

WFPBorder

ここでは、2つのBorderの例を載せています。 StackPanelに装飾したBorderでは、LinearGradientBrushを使い、グラデーション効果を出しています。
  
Posted by gushwell at 23:06Comments(0)TrackBack(0)

2012年09月19日

WPFサンプル:DockPanel

   このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
DockPanelは子要素を上下左右いずれかの端にくっつける働きがあります。
LastChildFill プロパティを true に設定すると、DockPanel の最終の子要素は常に残りの領域を満たします。
LastChildFill プロパティを false に設定することで、ドッキング方向が有効になります。
LastChildFill プロパティの規定値は、true です。
ここでは、画面をGridで4分割し、4つのDockPanelを配置しています。

WPFDockPanel

  
Posted by gushwell at 23:00Comments(0)TrackBack(0)

2012年09月16日

WPFサンプル:Grid(1)

   このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
Gridは、列と行で構成される柔軟な格子状の領域を定義します。
ShowGridLines="True" として、グリッドの境界線を表示しています。

WPFGrid1-1
WPFGrid1-2


XAMLで、"*" (Star) を指定した行(列)は、残りの部分を割合に応じ配分してくれま。上の例では、Starが一つなので、残りすべてを占めることになります。
例えば、次のように記述すると、1:2:3の割合で、全体が分割されることになります。

  
Posted by gushwell at 11:16Comments(0)TrackBack(0)

2012年09月12日

WPFサンプル:WrapPanel

   このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
WrapPanelは、StackPanelの水平方向の配置と似ていて、左から右へ順に子要素を配置しますが、
StackPanelとは異なり、右端で改行して子要素を次の行へ配置します。

WPFWrapPanel1

ウィンドウサイズを変更してみたのが下の画像です。

WPFWrapPanel2

  
Posted by gushwell at 23:00Comments(0)TrackBack(0)