2009年08月31日

ユビキタス社会の将来イメージに関するビデオ

   このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ちょっと古い(2006年製作)ですが、こんな動画を見つけました。

http://www.akg.t.u-tokyo.ac.jp/ubila/video/
ユビキタスネットワーク技術で生活がどう変わるかを描いた短編映像です。
  

Posted by gushwell at 22:16Comments(0)TrackBack(1)

2009年08月25日

Windows7とMicrosoft IntellType Pro

   このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
Windows7にしたら、Microsoft IntellType Pro が動かなくなってしまいました。特殊キーをあまり使わないので、気がつきませんでした。
調べたら、新しいバージョンの IntelliType Pro 7.0 が出ていました。
これをダウンロードして、無事利用できるようになりました。

ついでに、Microsoft IntelliPoint も新しいバージョン 7.0にしました。
IntelliPoint 6.3 + Windows7 RCでは、ホイールボタンによるウィンドウのスクロールの反応が極端に悪くイライラしていましたが、これも直っているみたいです。

サイドボタンが、WIndows7の新しい拡大鏡と連動するようになったのが結構便利です。
  
Posted by gushwell at 21:54Comments(0)TrackBack(0)

2009年08月22日

Windows7にアップグレード

   このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
自宅のPCを、Windows VistaからWindows 7(RTM) にアップグレードしました。

まずは、バックアップを取り、その後念のために、Windows 転送ツールを使い、環境をUSBハードディスクに移そうとしたのですが、途中で止まってしまい、これは断念。

しかたないので、エクスプローラを使い、必要なファイルをUSBハードディスクにコピー。なんとここでもコピー中に止まってしまいました。

バックアップはとってあるので、まあ、いいかということで、Windows 7 のアップグレードを開始。 ところがWindows 7のインストールでも途中で止まってしまいました。

ここで、Windows7へのアップグレードをあきらめかけたのですが、一部のファイルの状態がおかしいのかもしれないということで、エクスプローラでのコピーでどこで止まっているかを、調べることにしました。
どうも、デスクトップにあるファイルのコピーで止まってるようです。じゃあこのファイルを消せば、OKになるかなと思い、このファイルをゴミ箱に入れようとしたら、エラーになり、ゴミ箱に入りません。いろいろいじっていたら、何がよかったのかわかりませんが、ファイルを削除することに成功。

で、再度、Windows7のアップグレードを開始。
今度は、うまくインストールすることができました。

これで、半日以上時間をつぶしてしまいました (T_T)
今は、Windows7でこの記事を書いています。
  
Posted by gushwell at 20:33Comments(2)TrackBack(0)

2009年08月09日

BackgroundWorkerのサンプルコード(4)

   このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
BackgroundWorkerのサンプルコード(1)
BackgroundWorkerのサンプルコード(2)
BackgroundWorkerのサンプルコード(3)

BackgroundWorkerのサンプルコード(3)で掲載したコードとほとんど同じだけど、バックグラウンド処理の結果を受け取れるようにしました。
終了していないのに、結果を取得しようとした場合は、終了するまで待つようにしてあります。
ついでにExecuteメソッドでは、引数を渡せるようにしてあります。
同期するために利用していたManualResetEventですが、代わりにAutoResetEventを使ってみました。


  
Posted by gushwell at 22:39Comments(0)TrackBack(0)

2009年08月06日

BackgroundWorkerのサンプルコード(3)

   このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
BackgroundWorkerのサンプルコード(1)
BackgroundWorkerのサンプルコード(2)


BackgroundWorkerは、Formが無くたって使えます。
今回のサンプルコードは、ManualResetEventを使って、終了まで待てるようにしています。
クラスMyWorkerをもうちょっと汎用的にしたいところですが、BackgroundWorkerの サンプルを示すことが目的なので、これで良しとします。

このプログラムを実行してみればわかりますが、worker1とworker2がパラレルに実行されているのが確認できます。

  
Posted by gushwell at 22:54Comments(0)TrackBack(0)

2009年08月02日

BackgroundWorkerのサンプルコード(2)

   このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
BackgroundWorkerのサンプルコード(1)

今度は、処理の進行状況をプログレスバーで表示する例です。
途中で、処理をキャンセルする例にもなっています。

Form1のボタンをクリックすると、Form2が開き、処理を開始します。
処理の進行状況は、プログレスバーで表示され、処理が終わると 自動的にForm2が閉じるというものです。
Form2には、キャンセルボタンが配置されていて、キャンセルボタンを押すと 処理を中止します。




  
Posted by gushwell at 23:29Comments(0)TrackBack(0)