2005年04月01日

構成ファイル(2)

  
前回の続き
 <myAppSettings
TempFolder="C:\MyApp\Temp\"
MaxItems="100"
DEMO="true" />

さて、このような書式のデータを取得するには、構成ファイルのconfigSection要素に、「構成セクション ハンドラ」と呼ばれているものを記述する必要があります。

  <configSections>
<section name="myAppSettings" type="System.Configuration.SingleTagSectionHandler" />
</configSections>

name属性には、構成セクションの名前を指定します。
ここでは、myAppSettings になります。
type属性には、構成ファイルからセクションを読み取る構成セクション ハンドラ クラスの名前を指定します。 ここでは、SingleTagSectionHandlerで、このハンドラは、既に.NETに用意されているものです。
このハンドラを変更すれば、別の書式で各種設定値を記述できます。

なお、これを読み込むコードは、以下の通りです。

IDictionary sampleTable = (IDictionary)ConfigurationSettings.GetConfig("myAppSettings");
string value1 = (string)sampleTable["TempFolder"];
string value2 = (string)sampleTable["MaxItems"];
string value3 = (string)sampleTable["DEMO"];


 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/gushwell/17773650